BLOG|ブログ

3周年・常設課題全面リニューアルしました


ボルダリングハウスノット常設課題セッターメンバー

いつもボルダリングハウスノットをご利用いただき、ありがとうございます。社会情勢を考慮し、イベント等は開催しませんでしたが、その分、NEWホールドを投入し、豪華セッター陣による常設課題を全面リニューアルしました。


例年どおり、チーフセッターはボタニクス代表でもあり、KNOTの生みの親、伊藤剛史さん。伊藤さんにお願いし、今年は5名のセッターが集まってくださいました。みなさん、日本を代表されるセッターですので、お一人づつ、ご紹介します。

伊藤剛史さん

(1)伊藤剛史さん

BOTANIX代表であり、KNOTの生みの親。全面セットの際には、毎年チーフセッターをお願いしています。国内で数少ないA級公認ルートセッターである伊藤さん。主要な公式大会にはセッターとして輝かしい実績をお持ちです。前回のリードジャパンカップでもセットを行なっています。


そんな伊藤さん、KNOTでは毎年、XCULTのJAGFLAKESで課題をセットしてくださいます。今回は、とうとう1級課題で登場!一見、単純そうですが、なかなか大胆かつシビアな課題です(課題はサテライトアプリからご確認いただけます)


他にも5級からとクライミングが上手くなる要素が詰まった課題をセットしてくださいました。タケさんワールドをぜひ、お楽しみください。

米倉亜貴さん

(2)米倉亜貴さん

伊藤さんとご一緒にKNOTの壁を建ててくださったクライミングだけでなく、工事、スケボーもこなす憧れの女性です。KNOTのセットでは毎年来てくださり、感謝です。身長147cmという小柄な体型からセットされる課題は、大柄な男性陣の弱点をついてきます!


B級公認ルートセッターとして、セットの翌日は和歌山県国体予選セットへ。クライマーとして、数々の国内大会でご活躍された経験豊富な、5.14を登れる数少ない女性クライマーです。


そんな亜貴さんの課題、今回は垂壁にかなり手強い2級を設定してくださいました。バランシーかつ、フットワークテクニックが試されます。オーナーも現在、必須にトライ中です。


女性、小柄な男性、ユースクライマーにおすすめ課題が多数あります。みなさんでワイワイとセッションしても楽しい課題となっております。

徳永潤一さん

(3)徳永潤一さん

昨年の全面セットでもKNOTに来てくださいました。松山市・アッセントレイの店長である徳永さん。公式大会のセットをメインで行っているB級公認ルートセッターさんなので、営業ジムでの潤一さんの課題は希少です。


リードジャパンカップで入賞、えひめ国体で優勝された激強クライマーさんですが、実はまだとてもお若い31歳!これからもクライマーとしてのご活躍を期待しています。潤一さん、リードがメインとのことですが、今回のセットは大きな動きが多い課題となっています。


潤一さんの初段課題(スタートがSQUADRA)は、大きな飛び出しから、繊細な足さばきがポイント。フラッシュで完登できたら、大きな自信に繋がります!


延期になってしまいましたが、ボルダリングユース2021のセットメンバーの潤一さんの課題、選手の方にはぜひ、トライして欲しいです。

笠原大輔さん

(4)笠原大輔さん

人気ルートセッター【DK】とのこと笠原大輔さん。昨年に引き続き、KNOTでセットしてくださいました!フリールートセッターとしてのご活躍、国内外の公式大会から全国各地へ飛びまわっていらっしゃるB級公認ルートセッターさんです。


もちろんクライマーの実績も輝く、これからも同世代の潤一さんとご一緒にこれからのご活躍に期待大です!いつの日か、きっと世界を驚かす実績を残してくださることを日々、願っています。


笠原さん、KNOTでは希少なコーディネート課題の2級をセットしてくださいました。️スタンディングウェーブに勇気を持って、飛び乗ってください。あとは、プッシュ系となっていますが、最後まで気の抜けないシビアな課題です。


他にもオールドシェイプのデトロイトのボリュームで初段、新作のダイホールドのカチ課題・1級を設定してくださいました。KNOTの緩傾斜から強傾斜までの広い面で、DK課題をお楽しみください!

平松幸祐さん

(5)平松幸祐さん

今回のセッターメンバー紹介のラストを飾るのは、私達スタッフにとって雲の上の存在である、平松幸祐さん!国内で数名のみのIFSC国際ルートセッターでもあり、全国的にも超有名な山形のFLAT BOULDERING代表でもあります。


名古屋へは、5年程前にジャパンカップ予選にセットに訪れていらっしゃいますが、東海圏を含め商業ジムのセットはかなり希少です。


平松さん、KNOTの処女課題は、ワールドカップでも使用された新作XCULT・EVOLUTION のボリュームでセットされた初段以上(2段?)の課題です。ルーフ最奥から中央へのラインは、男子であれば、トライしたくなる事間違えなしです!真っ向勝負系の非常に厳しい課題ですが、一手一手のムーブを自分の力量がお試しできる楽しい課題です。


平松さんはKNOTからの帰り際に、次回は「ホシゾラセッションをしましょう」と嬉しいお言葉もいただきました。


難しい課題ばかりでなく、平松さんは6級を4本もセットしてくださいました。今までのKNOTにないテイストになっていますので、初心者の方からお楽しみいただけます。

全国各地でまん延防止措置が発令され、愛知県でも4月20日から防止措置が発令となっておりますが、KNOTは最大限の感染症対策を実施しながら、通常通りの営業を続けていきます。


平松さんをはじめ、いろいろなゲストセッターをお招きして、いつの日かセッションイベントを開催できるように日々、努力していきます。


常設課題・全70本、課題を完登する事の重要ですが、セッターの想いを少しでも感じていただけると非常に嬉しく思います。4年目に突入しました、ボルダリングハウスノットを引き続き、よろしくお願い致します。



TAGS|タグ
FEATURED POSTS|特集記事
ARCHIVE|アーカイブ